つみたてNISAのはじめかた

 

今回はついに始まるつみたてNISAのはじめかたを書こうと思います。
1、つみたてNISAとは何か?
2、つみたてNISAをどう使うのか?
3、つみたてNISAを開く証券会社はどこがいいのか?
4、つみたてNISAで何を買うか?

1、つみたてNISAとは何か?
資産運用で生まれた利益が非課税になります。
課税されると30%も持っていかれるので、非常に大きいです。
定期預金みたいなものと考えればいいと思います。
年利5%くらい行けるかもしれません。
ただし、元本保証はありません。

2、つみたてNISAをどう使うのか?
投資信託を年間40万買って20年保有し続けます。
過去のデータでは、株はたくさんの種類の大型株を長期間保有し続けると必ず儲かります。

3、つみたてNISAを開く証券会社はどこがいいのか?
手数料の安いネット証券を使います。
金融業は手数料で顧客の利益をノーリスクでピンハネしていきます。
この手数料のせいで儲からないことが多いです。
ネット証券として有名なのはSBI証券楽天証券マネックス証券です。

私はSBI証券をお勧めします。

SBI証券のメリット
手数料が安い。
投資信託保有いているとポイントがもらえる。
投資信託以外の手数料も他社と比べて安い。

SBI証券のデメリット
ポイントはTポイントとかスイカポイントとかに変えれるけど人によっては使い勝手が悪い。

楽天証券のメリット
手数料が安い。
投資信託保有いているとポイントがもらえる。
ポイントで投資信託を買えるので使い勝手がいい。

楽天証券のデメリット
メンテナンスが多く、買えない時がある。

マネックス証券
ここはマネックスショックという事件を起こしたところで、顧客を切り捨てることがはっきりしているので、信用できません。
手数料はSBIや楽天と同等に安いですが、あえてここを選ぶ理由がありません。

4、つみたてNISAで何を買うか?
野村つみたて外国株投信を月3万くらい、年間40万買います。

 

以上