WOT:初心者入門イギリスツリー(チャーチル編)

 

初心に帰り、イギリスルートをどう進めるべきだったか考え直そうと思います。
他国の戦車は有名どころ以外あまり乗っていないので使用感の比較はできません。
あと、イギリスルートも制覇しているわけじゃないので中堅くらいのところまでです。

 

まずイギリスのtier5付近のお勧め戦車をいくつか紹介します。
稼ぎやすくて強いこれらを目指すとよいかと思います。
その戦車はチャーチル1、クロムウェル、FV304です。

 

最初は重戦車チャーチル1からです。
強いです。
次のチャーチル7になると使いにくい印象です。
この戦車で気を付けるべきなのは開けた場所や起伏のある場所に行かないことと昼飯することです。
開けた場所に行かないのは比較的簡単です。
多くのマップは重戦車が行くべき場所は決まっているのでそれを知っておきましょう。
起伏があるのもつらいです。
俯角が取れないので平地で戦いましょう。
次に昼飯ですが超重要です。
これをしていればtiertopならかなり硬いです。
やり方は敵に対して正面を向くのではなく角度を付けることです。
ただ、KV-1よりは慣れが必要です。
KV-1は45度に傾ければよいだけですがこちらは25度くらいがベストでしょう。
ダメージを受けているようなら微調整して貫通しない角度を探してください。
また、多少距離を取ってください。
近接戦闘も悪くはありませんが距離を取った方が砲の精度の良いこちらが有利になります。
ただし、距離を取り過ぎはいけません。
TDではないです。
tiertopでない場合は角度は浅くとり正面は抜かれるけど側面なら弾ける角度を取りましょう。
Tiertopの場合は車体を晒しても大丈夫な場面は多いですが、topでない場合は遮蔽物に隠れましょう。
ただし、飛び出し打ちは推奨しません。
履体ハメされます。
特に履帯が弱点なので簡単に殺されます。
角度をかなりつけた側面を撃ってもらうのは良いですが履帯を撃たれるとつらいです。
格上には正面から挑むのではなく遮蔽物に隠れられる場所からたまに支援するか遠くから支援するかが良いと思います。
砲塔だけ出す場合はよそ見をして砲塔も角度を付けましょう。
こちらは45度よそ見をすればよいです。
砲塔だけ出す場面は少ないかもしれませんができる場合はした方が良いです。
連射できるのでずっと相手を照準しがちですがよそ見をした方が結果的に良い場面もあります。
車体を晒している場合はよそ見は非推奨です。
KV-1と砲塔だけ出して打ち合う場合なんかはよそ見は非常に強力です。
45度傾ければ弾けることが多いです。
ただ、相手の砲塔も硬いのでしっかりと砲塔の丸みを帯びた部分を狙いましょう。
弱点ならダメージは入ります。
精度は良いので狙えるでしょう。

 

KV-1は車体を晒している場合は正面の垂直部分か側面を狙いましょう。
より垂直に撃てる部分を選びましょう。
砲塔は丸みを帯びた部分が弱点ですが車体を狙える場合は車体の方が当てやすいと思います。
たまに課金弾のHEATを使ってくるやつがいます。
めちゃくちゃ強いです。
飛び出し打ちしてくるやつはやばいです。
基本的に近接戦闘での対処がベストです。
強引に近づいてはいけません。
敵が来るのを待ちましょう。
装填時間が長いので隙があればちまちまダメージを与えましょう。
決して相手が打てるタイミングで車体を晒してはいけません。

 

T1ヘビーは砲塔を狙ってはいけません。
こいつとハルダウンで戦うべきではないです。
車体は比較的抜けます。
正面は弾にはじかれます。
車体の角度を見て狙う場所を決めましょう。

 

ドイツHTはあんまりいない気がします。
基本的に昼飯して打ち合っていればよいです。
貫通が優秀なので昼飯の角度は浅くもしくは45度でたまにはじくのを期待するくらいで良いでしょう。
車体を狙っていればダメージは通るはずです。
ただし、角度には注意してください。

 

フランスHTはもっと珍しい気がします。
どこでも抜けるので気にせず打てばよいと思います。
ただ、攻撃力が高いので注意してください。
うまく飛び出し打ちをされると負けるかもしれません。
ドイツほど貫通は高くないので昼飯の角度は浅くもしくは45度ではじくことがあります。
一発がでかいので一発はじくだけでも大違いです。

 

あと、榴弾を使ってくる戦車は把握しておきましょう。
特に4号とシャーマン。
こいつらは装甲があってもダメージがある程度通る榴弾を使えます。
パーツや搭乗員にもダメージがいきやすく、できれば撃たれたくないです。
こいつらがいたら車体は隠しましょう。
装填速度が長いので近接戦闘も視野に入れましょう。

 

チャーチルの運用方法はこんなところでしょうか。

 

 

次にチャーチルのツリーの進め方ですが、バレンタインルートとマチルダルートがあります。
バレンタインルートはクルーザーに乗るルートです。
クルーザー1はポムポムが使える戦車で、遅くはない速度と連発による攻撃力があります。
クルーザー2は榴弾砲が使える攻撃力の高い戦車です。速度も遅くはないです。
バレンタインは硬い戦車です。昼飯して戦いと非常に硬いです。軽戦車ではなく重戦車だと思います。砲は貫通力の高いものを選びましょう。攻撃力は低いですが連発できます。
バレンタインはチャーチルのほかに自走砲の開発もできます。
必要経験値は多いですが魅力的な点です。

 

このルートの問題点は戦車ごとに運用方法が全く異なることです。(イギリスでは良くあること)

 

クルーザー1は初期砲の場合は遠くからちまちま撃つのが楽です。
遅くないからといって不用意に前線に出るのはお勧めしません。
ポムポムにしてからは逆に近接戦が得意です。
遠くから撃つのももちろん良いです。
近接の場合は相手が孤立していることやHPが減っているもしくは撃ったらすぐ離脱できることが重要です。
複数いるところに突っ込むともちろん負けます。
あと、アメリカ駆逐はきついです。
なんとかして後ろを取りましょう。
正面からは履帯切りくらいしかやることがありません。

 

クルーザー2は榴弾砲になるまでは遠くからちまちまです。
榴弾砲になってからは中距離からじっくり狙うとよいです。
精度が悪いので当てれる距離を把握しておきましょう。
撃ったらすぐ隠れましょう。
攻撃力が非常に高いです。
榴弾砲が嫌な場合はポムポム使いましょう。
お勧めは榴弾砲です。

 

バレンタインは軽戦車に見せかけた重戦車です。
一気に遅くなるので戸惑うと思います。
硬い硬い言われていますが運用法を間違うと普通に柔らかいので詐欺にあった気がします。
toptierの場合は車体を晒して昼飯しましょう。
敵の攻撃に対して角度をしっかりつけると強いです。
貫通力の高い砲は攻撃力が少し低いですがこちらの方が活躍できます。
貫通しないと話になりませんので。
一つ格上程度なら角度次第で戦えます。
はじきまくれるわけではないです。
あと榴弾使ってくるやつは嫌いです。

バレンタインに乗りなれておくとチャーチルも乗りやすいでしょう。

遅さと昼飯に慣れましょう。

 

次にマチルダルートです。
マチルダはバレンタインより硬く、貫通も高いです。
一つ格上の重戦車くらい硬いです。
ただし、硬い硬い言われていますが運用法を間違うと柔らかいので詐欺にあった気がします。
あと遅いです。
とにかく昼飯です。
角度重要です。
戦車ごとにつけるべき角度は違いますのでそれぞれで模索してみてください。
砲も強力です。
貫通が高いです。
攻撃力は低いですが、撃ち続けましょう。
こちらも乗りなれておくとチャーチルも乗りやすいでしょう。
クレジットはチャーチルの方が稼げますが、チャーチルより乗りやすいかもしれません。

 

マチルダの前のメディウム2両は遠くからちまちま撃ちましょう。
あんまり乗ってないのでわかりません。
遅めの速度に紙装甲、普通の攻撃力なのでが特筆することが何かよくわかりません。
強くはないと思います。

 

ルートとしてはどちらも良いと思います。
マチルダを使えるルートか自走砲も開発できるバレンタインかみたいな。
バレンタイン~自走砲ルートに行くのは結構大変ですが、自走砲が開発できるまでバレンタインに乗れば重戦車の運用は身に着くと思います。
チャーチルの運用とは違ったものですが基本的な考え方は身に着くと思います。
ただし、自走砲が目当ての場合はお勧めしません。
あくまでついでです。
ちなみにこの自走砲も強いです。
かなり癖があって慣れるまで時間がかかりますが強いです。
ちなみに筆者はこの自走砲にはまだ慣れていません。